呼吸法で腰痛の痛みを軽減

整体で腰痛の原因と対処法を考察

腰痛は、まずは深呼吸をして緊張緩和


呼吸法で腰痛対策


肩こり、腰痛、整体でじっくり治している人多いと思います。

腰痛になぜなるのかというと、筋力の低下や、同じ姿勢を長くし続けていることで、バランスの取れた良い姿勢をとれなくなってしまっておきます。

筋力は加齢や運動不足により弱くなってしまいます。

また、更年期障害の影響によるエストロゲン(卵胞ホルモン)の低下も腰痛を引き起こす原因と考えられています。

また、家事にしても、仕事にしても前かがみになることが多いため、背筋が緊張した状態が多く、日常的に腰痛を起こす可能性のある生活を送っているのです。

腰痛の予防の一つに腹式呼吸があります。

腹式呼吸は横隔膜を上下に運動させる横隔膜呼吸のことです。横隔膜を動かすことにより、腹腔内圧が上がり、腹筋が鍛えられ、腰痛予防に役立つのです。腹式呼吸のやり方です。

口からゆっくりとお腹がしっかりと空になるまで息を吐きます。

へその下あたりにある丹田と呼ばれるところに手をあてて行うとふくらみやへこみがよく分かります。

お腹にしっかりと空気が入っていくような感じで鼻から息を吸い込みます。

お腹いっぱいに息を吸ったところで、少し息を止めます。

そしてまた、息をゆっくりしっかりと吐きます。

一日に10分くらい行うと良いでしょう。立っていても寝ていても、道具が無くても、手軽に出来る腹式呼吸で腰痛対策をしてみましょう。

慢性的な腰痛でお悩みの場合は
当院の腰痛専門治療をお試しください

堺 肩こり・腰痛センター
http://hiro-rigaku.com/
堺市西区の整体



症状の原因
症状の原因と治療メニエール病
治療耳硬化症とは?
原因音による難聴とは?

頭痛腱鞘炎腰痛五十肩と四十肩 耳鳴りエクササイズ法パサパサの髪に




Copyright© 腰痛の原因と治療. All rights reserved.